妊娠しないようにコンドーム使っていても破けた場合、外れた場合、酔った勢いでコンドームを付けずにしてしまった時などは焦りますよね。妊娠したらどうしよう、中絶だってお金かかるし・・・そんな時にはアフターピルが救世主となります。こちらではアフターピルについて解説していきます。

  • ホーム
  • 生理とダイエットの関係性

生理とダイエットの関係性

女性は美しさを求めようとダイエットに注目する方が多くみられます。
個人差によって痩せやすい、太りやすいと感じる方はいらっしゃいますが、女性の身体はホルモンバランスによって大きく変化する傾向にあります。
ホルモンバランスが変化するのは生理前、生理後で異なります。
そのため、生理とダイエットは密接な関係性があるのです。

女性ホルモンも細かく分けるといくつか種類があり、その中でダイエットに関係してくるのがエストロゲンとプロゲストロンと呼ばれるホルモンです。
エストロゲンは生理周期に関係します。
そして、妊娠の準備を整える役割や女性らしい身体づくりを担う働きがあります。
代謝を良くする働きも持つため、このエストロゲンが増える時期にダイエットを行うと効率よく効果が期待できるのです。
主に生理が終了してから1週間の間、最も量が増えると言われています。

一方、プロゲストロンと呼ばれるホルモンは、体内にある栄養素や水分を身体に溜め込もうとする働きがあります。
これは、妊娠に備えて必要なものを維持する役割があるからです。
プロゲストロンは排卵期から生理前にかけて多く排出されるため、生理前や生理中に身体がむくみやすくなり逆に生理後は最も減少する時期となります。
そのため、ダイエットを成功させるためには生理後に注目して効率よく運動を取り入れてみることがおすすめです。

生理後は代謝が良くなるエストロゲンの増加と、栄養素や水分の蓄積によってむくみの原因をつくりやすいプロゲストロンの減少があわさり、ダイエットの成功を目指せる状態となります。
もちろんその間に集中的に痩せる身体をつくろうと頑張ることは大切ですが、無理な食事制限をせず、必要な栄養をしっかり取り入れることが重要です。
健康的なダイエットは見た目だけでなく心身の健やかな環境づくりにもつながります。
また、生理中はストレスが溜まりやすくなりますので、そうした心の変化もダイエットに影響を与えます。
生理中もストレスフリーを目指し、美しい身体づくりを実現しましょう。

【生理前・生理中・生理後】のダイエットについて

このように生理前・生理中・生理後といった時期に合わせて効果の出しやすいダイエットを行うことが、痩せる近道といえます。
ダイエット成功の為に食事と運動の関係はもちろんですが、生理のしくみをよく理解しておきましょう。
今は痩せやすい時期なのかどうか、いつからダイエットを始めるべきなのかなどを的確に把握する為に、普段から生理の周期を記録しておくことも大切です。
できれば数ヶ月続けて記録し、いつがどういった状態なのか自分だけの体調メモをつけておくと尚良いでしょう。
正確な体の変化は、自分自身でなければわかりません。

また、ダイエットを始めても運動だけでは体重が減りにくいので、極端に減らすことはありませんがある程度の食事制限が必要となります。
この頃、少しとは言え空腹感がどうしても障害となりがちです。
というのも、空腹は生死にかかわる大問題ですから、ほんの少しでも脳が危険信号を送るために他のことよりも我慢が難しいのです。
逆に言えば正常に機能している証拠ですが、その障害を越えなければ成功はありません。

そんな時、励みになるのはやっぱり少しでも効果を実感することです。
誰だって、頑張っても効果が感じられなければ、空腹感に絶えることができない為、精神的にもやる気がなくなってしまいますよね。
くじけそうになった時のやる気の維持は、頑張っている自分や効果を実感として認められることが一番良いのです。
そこで、ダイエットは効果の出やすい生理後から行うことをおすすめします。
ゆっくりと運動を取り入れたダイエットを行うと、体重の停滞期が始まる頃でも体の自然なサイクルでむくみが少ないはずです。
次の生理前になったら現状維持を目指すようにし、生理後にまたダイエットを再開すれば、無理のない変化を実感することができるでしょう。

関連記事