妊娠しないようにコンドーム使っていても破けた場合、外れた場合、酔った勢いでコンドームを付けずにしてしまった時などは焦りますよね。妊娠したらどうしよう、中絶だってお金かかるし・・・そんな時にはアフターピルが救世主となります。こちらではアフターピルについて解説していきます。

  • ホーム
  • マーベロンの効果と病院処方について

マーベロンの効果と病院処方について

経口避妊薬の一つであるマーベロンは、黄体ホルモン剤としてデソゲストレルが、卵胞ホルモン剤としてエチニルエストラジオールが配合されている合剤です。
経口避妊薬は製品によって使用される黄体ホルモン剤の種類が異なります。
しかし効果はほぼ一緒です。
黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンの分泌を抑制して排卵自体を起こりにくくさせる働き、
錠剤に含まれる黄体ホルモンの働きによって子宮頸管内の粘液の性質を変化させ、精子の子宮内への侵入を妨げる働き、
子宮内膜を変質させて受精卵の着床を防ぐ働き、
これらの働きによって避妊効果がもたらされます。

マーベロンには1シートが28錠になっているタイプと21錠になっているタイプがあります。
どちらも毎日自分で決めた時間帯に1錠ずつ飲み続けるという用法と容量を守れば、他の避妊アイテムを使用しなくてもほぼ100パーセントの避妊効果を得ることができます。
ただし、21錠タイプを選んだ場合は、21日目まで飲み終えた後は7日間の休薬期間を経なければ次のシートの錠剤を飲み始めることができないので注意が必要です。
一方、28錠タイプは毎日の服用を習慣づけて忘れずに錠剤を飲み続けられるように、実薬21錠に偽薬を7錠加えたものです。
もし、マーベロンを飲み忘れてしまわないかと不安に感じるのであれば、28錠タイプを選ぶと良いでしょう。

経口避妊薬にはさまざまな種類分けの方法がありますが、マーベロンは錠剤の成分の含有量から見ると一相性、世代別では第三世代に分類されます。
一相性は実薬の黄体ホルモン剤と卵胞ホルモン剤の含有量が全部一緒で、生理日の調整が容易であるといったメリットがあります。
また、マーベロンが含まれる第三世代の経口避妊薬は、前の世代までに確立した高い避妊効果を維持しつつ、第二世代の薬において問題となっていたアンドロゲン作用の発現を抑えるようにしたもので、副作用が前世代より出にくいのがメリットです。

マーベロンは日本でも製造販売が承認されており、診療内容に婦人科のものが含まれている病院に行って医師に処方せんを書いてもらい、薬局に出せば手に入れることができます。
価格は1シート2,500円前後で、原則として購入代金は全額自己負担となります。

マーベロンを処方されるまでの流れ

低用量ピルのマーベロンを病院で処方されるまでの流れとしては、まずクリニックにマーベロンの扱いがあるかを確認する必要があります。
クリニックの選び方次第では他の低用量ピルを扱っているケースもありますので、婦人科で診療内容としてピルを処方しているか、マーベロンを扱っているかを確認します。

マーベロンの容量はデソゲストレルが0.15mg、エチニルエストラジオールが0.03mgで、毎日服用することで安全に避妊をすることができる薬ですが、病院で処方してもらう前に簡単な問診を受けるのが一般的です。
病院で診察や血液検査があるケースなど、その医療機関次第で異なりますが、問診票への記入と病気の既往歴などの確認のあと、簡単な説明のみで処方してもらえる病院が多い傾向にあります。

病院で処方される場合、1シート2500円前後という価格設定が一般的で、用法を守って服用していれば避妊する効果が高い避妊薬です。
血圧を測ったり、定期的な血液検査が必要なところもありますが、これは、持病の有無や年齢、本人が希望するか否かも異なります。
初診の際には問診や診察などがありますし、医師に質問する時間が与えられるケースもありますが、2回目意向の処方では検査や診察などをすることなく処方してもらえるのが一般的なケースです。

病院によっては半年または1年に一回程度副作用が出ていないかの確認を含めた血液検査や検診などを推奨しているところもありますが、これは医療機関によって大きく異なります。
ほとんど検査をすることなく低用量ピルを処方してくれるクリニックもありますので、問い合わせの際に処方されるまでの流れを確認しておくとスムーズに薬を購入できます。

関連記事