妊娠しないようにコンドーム使っていても破けた場合、外れた場合、酔った勢いでコンドームを付けずにしてしまった時などは焦りますよね。妊娠したらどうしよう、中絶だってお金かかるし・・・そんな時にはアフターピルが救世主となります。こちらではアフターピルについて解説していきます。

  • ホーム
  • イライラやめまいの症状が現れる更年期障害とは

イライラやめまいの症状が現れる更年期障害とは

多色な薬

更年期とは閉経前後の10年間のことですが、この時期は女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少して、ホルモンバランスが崩れやすくなります。
そして、それに伴って更年期障害と呼ばれる心身の症状が現れやすくなります。
更年期障害には、ほてりやのぼせ、めまいなどの体の症状の他にイライラや憂うつ、不安感などの精神的な症状もあり、それらに関してもかなり個人差が大きいと言われています。

卵巣ホルモンであるエストロゲンは、子宮内膜を厚くしたり卵巣の排卵を促進するなど、女性にとって大切な働きを持っています。
このホルモンによって女性らしい体となったり、妊娠しやすい状態になるとも考えられます。
また、エストロゲンは骨や血管を強くするため、これが減少することで骨粗しょう症になったり、血流が悪くなって冷え性などの症状が出やすくなる可能性が出てきます。

なお、更年期障害での症状は一般的に更年期と考えられる40代~50代の女性だけでなく、30代でも現れることがあります。
この場合には若年性更年期と呼ばれることになりますが、この時期の場合は自律神経の働きが低下して、それによって卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌が不足することで症状が起こると考えられます。

若年性更年期の場合の症状としては、閉経前後の更年期のようなイライラやめまい、発汗などの他に、生理不順や強い生理痛などが挙げられます。
そしてこれの対策としては、過度なストレスや無理なダイエット、不規則な生活などを避けることが大切になってきます。

このように、30代~50代の女性の場合は更年期障害が生じる可能性があるので、少しでも不安があるときは放置せずに、生活習慣を整えると共にできるだけ早く病院を受診して更年期障害であるかどうかを調べてもらうようにすることをお勧めします。
そして、病院に行った場合には日常生活での注意点なども聞くことができるので、その点でも参考になるでしょう。

更年期障害の治療は女性ホルモン補充療法

更年期障害の治療法として、最も多く行われているのは女性ホルモン補充療法です。
これは減少してしまったエストロゲンを補充するという治療方法で、黄体ホルモンであるプロゲステロンと共に投与されることもあります。

この治療法では、イライラや動悸などの自律神経系の症状と同時に、発汗やほてりなどの血管運動系の症状にも効果があると言われ、心身のいずれの辛さも緩和できる可能性があります。
また、このようにエストロゲンを補充することによって、コラーゲンを増やして肌の状態を良くしたり、不眠を解消したりすることができるので、それによって心身の健康を改善することも考えられます。

このように、女性ホルモン補充療法は更年期障害の治療として非常に適した方法と言えますが、薬を飲む場合には、飲み忘れや副作用などが生じる可能性も考えられます。
これに対して、エストロゲンを皮膚から吸収するようにした貼付薬として、クリマラという薬があります。

クリマラは1回貼ると1週間ほど効果が続くので利用しやすく、また、ゆっくりと吸収するため、身体への負担が少なくて副作用が出にくいと言われています。
なお、クリマラの場合は更年期障害の症状を改善すると同時に、骨粗しょう症の予防も期待できます。

以上のように、更年期障害の場合にはエストロゲンを補充することが大切ですが、自分の体調や体質にあった治療法や薬を選ぶことが必要なので、この種の治療を行いたい場合には、更年期障害に関して実績のあるようなクリニックを受診することをお勧めします。
そうすれば、一般的な女性ホルモン補充療法で使用される薬剤が適していない場合でも、クリマラなど、他のタイプの薬を使える可能性があるので、様々な更年期障害の人の症状が改善される可能性が高いと言えるでしょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索